イベコンで憧れの都会生活

ホテルの従業員からイベコンのアルバイトに転職

イベコンイベントコンパニオン派遣

田舎から東京に憧れ上京するもお金が足りないホテルの従業員からイベコンのアルバイトに転職イベコンで素敵な男性と出会えることもあり仕事を頑張りたい

田舎暮らしで特にバイトもしていなかった私にとって、保証人も50万も用意するのが難しかったです。
そこでアルバイトを探したのですが、時給単価も千円前後と安く、頭金を用意するのに何年も働かなければいけないことがわかりました。
そこで手っ取り早く、住み込みのホテル従業員になることにしました。
しかし仕事は激務で地味であり、お金もそれほどもらえず、仕事内容も劣悪で最悪でした。
そこで半年我慢して頭金を作り、友人に保証人になってもらってようやくボロボロのアパート1DKに住むことが出来たんです。
でもこんなぼろぼろの家に住んだり、ホテルの掃除スタッフになるために私は田舎を飛び出したのではないと、憤りを抱くようになりました。

人材派遣会社がほとんどの登録者に五輪バイトの募集をかけているので、普段はイベントコンパニオンをしている可愛い女の子も参加しているんです。テンションが上がり過ぎて羽目を外す大学生も多い(笑)。五輪バイト内でクラスターが起きてもおかしくないでしょうね」

— 彦島堀越のマルちゃん (@driuyaPhfMV0zNO) July 25, 2021
そしてアルバイトをもっと華やかな職業に変えようと考えたんです。
そこで見つけたのがイベコンのアルバイトでした。
イベントコンパニオンというお仕事で、絢爛豪華な高級ホテルできれいでセクシーなウエアーに着替え、パーティー参加者の政財界やセレブ男性相手に食事の給仕や誘導案内を行うお仕事です。
このお仕事は私があこがれを抱いていた東京の女性像に近いもので、楽しみながらお仕事が出来ました。
日給制で一万円以上をもらえることもあり、時間も短時間の3時間程度でお金がもらえるのです。